ムーミンバレーパークまとめ 入場料・アトラクション・営業時間など徹底解説!

2019年3月16日(土)にオープンのムーミンバレーパーク。

今回は、ムーミンバレーパークの入場料やアトラクション、営業時間や駐車場などのアクセス方法など、ムーミンバレーパークの基本情報をすべてまとめました。

この記事を読んで、ムーミンバレーパークの情報を予習していきましょう!

特にムーミンに関する情報を少しでも頭に入れておくと、ムーミンバレーパークが何倍も楽しくなりますよ(^^)

ムーミンバレーパーク プレオープン参加方法!ふるさと納税でチケットがもらえる!
埼玉県飯能市の新たなムーミン谷として注目を浴びている「メッツァ」。 メッツァは「ムーミンバレーパーク」と「メッツァビレ...

ムーミンバレーパークとは?

ムーミンバレーパークは、埼玉県飯能市にできた「ムーミンの世界観を体験できる」テーマパークです。

そもそもムーミンバレーパークは、メッツァの一部です。

メッツァは

メッツァビレッジ

・ムーミンバレーパーク

の2つのエリアに分かれています。

ムーミンバレーパークでは、ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクションがあり、ムーミンファンはもちろん子供から大人まで1日中楽しめる場所になっています。

特にムーミンファンは、ムーミンバレーパークのオープンを心待ちにしている人もたくさん!

しかも、、ムーミンバレーパークを運営する「ムーミン物語」によると、本国フィンランド以外で通年営業のムーミンのテーマパークは世界初だそうですよ。

個人的にも、ムーミン物語の中に度々登場する灯台や水浴び小屋など、とっても気になります(^^)

またムーミンバレーパークでは、原作者者のトーベ・ヤンソンの想いを感じることができる施設もあります。

ムーミンアニメやムーミンキャラクターは良く知っていても、原作者の名前や生い立ちなど、トーベ・ヤンソンについて知らない人も多いと思うので、ぜひこの機会にムーミンの生みの親であるトーベヤンソンにも興味を持ってみてみくださいね♪

トーベヤンソンの、ムーミンに対する想いなどを知ることができますよ。

その他にも、ムーミンバレーパークでしか手に入らないオリジナル商品や、ムーミングッズを展開する大型のギフトショップ、さらにはムーミンの世界観を体現したレストランなどもありります。

ムーミンバレーパークに一歩入ると、そこはムーミンたちが住むムーミン谷の世界!考えただけでワクワクしますね♪




ムーミンバレーパーク 施設紹介

ムーミンバレーパーク エントランス施設

メッツァ ムーミンテーマパーク ムーミンバレーパーク ムーミンランド

出典:ムーミン公式サイト

まずはエントランス。ムーミンテーマパークの玄関ですね!

エントランスはムーミン物語が描かれた「本」の形をしたユニークな玄関。完成予想図では本型の「ゲート」は4つあります。

この「本」のゲートをくぐりぬけると、その先にはさまざまなムーミンの世界が!今からムーミン谷に行くと思うとワクワクしますね♪

他にも、エントランス施設にはいろいろな種類のパンケーキメニューが楽しめるレストランがあるそうですよ。

またショップではムーミングッズが販売されていて、ここで買ったムーミングッズを身に着けながらムーミンの世界を楽しむこともできます。

イメージとしては、東京ディズニーランドのファンキャップや

東京ディズニーランド カチューシャ

カチューシャのようなものが売っているのかもしれませんね。

ディズニーランド ミニ― カチューシャ

想像しただけで楽しそう!
ムーミングッズを身に着けてパークに行くと、楽しさが何倍にもなりそうですね。

たっぷり遊んだ帰りに、今度はお友達のお土産や楽しんだ思い出としてグッズを購入するにもピッタリの場所です。




ムーミンバレーパーク ムーミン屋敷

ムーミンテーマパーク ムーミンバレパーク ムーミン屋敷 ムーミンランド

出典:ムーミン公式サイト

原作者トーベ・ヤンソンが描いたムーミン屋敷そっくりの、ムーミンたちの家「ムーミン屋敷」。

原作に忠実に再現されたムーミン屋敷は、地上3階・屋根裏部屋・地下室という構造になっています。

◎地下室:たくさんの食料が保管している貯蔵庫。
◎1階:キッチンとリビング
◎2階:リビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋
◎3階:ムーミンの部屋・リトルミイの部屋
◎屋根裏部屋:ムーミンパパの書斎

小説の中と同様、地下室には、ムーミンマが料理をするのに必要な食糧が保存して会ったり、ママの大事な薬剤師室があったり、みんなが集まるリビングや、ムーミンママが美味しい料理を作ってくれるキッチンなど、ムーミンファンにはたまらない場所になっていますよ(^^)

同じ飯能市にある「トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園」にも、地上3階・地下1階のムーミン屋敷のような建物があります。

トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園

こちらも、まるでムーミンたちが住んでいたような感覚を味わうことができます♪

ムーミンバレーパーク・あけぼの子どもの森公園両方とも行って、違いを確認するのも面白いですね!




ムーミンバレーパーク展示施設 KOKEMUS (コケムス)

出典:ムーミン公式サイト

フィンランド語で”体験”を意味する「コケムス」は地上3階建てからなる展示施設。

「コケムス」とは、フィンランド語で「体験」という意味です。

ここでは、トーベヤンソンが歩んできた人生とムーミンとの関係を体験しながら、ムーミンの作品に深く触れることができる施設になっています。

常設施設や企画展を楽しんだ後は、、ワークショップルームで物語にちなんだものづくり体験で自分だけの思い出を持ち帰ることができます。

出典:ムーミン公式サイト

また、8m超のムーミン谷のジオラマや、フィンランドのヘルシンキ・アート・ミュージアムから持ってきたアート作品も展示されます。

ムーミン谷の巨大ジオラマ!原寸大のムーミン谷の世界が体感できますね♪しかも時間ごとにジオラマの風景が変わるそうですよ。リアルなムーミン谷の姿に釘付けになりそうです(^^)

ムーミンバレーパーク展示施設 コケムス1F

コケムスの1階は、世界最大級の品揃えとなるショップと、ムーミンたちの夜の不思議な森のパーティーをイメージしたメインレストランが入っています。

ムーミン谷の食堂「Muumilaakso Ruokala(ムーミラークソ ルオカラ)」

出典:フィンテック グローバル株式会社

こちらは、ムーミン作品をイメージしたレストラン「ムーミン谷の食堂・ムーミンラークソ ルオカラ」。

ムーミン谷の食堂は「ムーミンたちの夜の不思議な森のパーティー」をイメージしているとのこと。これは「楽しいムーミン一家」に出てくる夜のパーティーのことですね!(^^)

レストランメニューは、ムーミンカフェのようなムーミンの形をしたスイーツや料理が出てくるのでしょうか。

ここでしか食べられない料理もありそうです!

※夜のパーティーについては、「楽しいムーミン一家」を読んでみてくださいね。本を読んで行くと、さらにレストランでの楽しみが深まりますよ♪

ムーミン谷の売店「Muumilaakso Kauppa(ムーミラークソ カウッパ)」

出典:フィンテック グローバル株式会社

こちらは、ムーミンの世界観とおしゃれな北欧の輸入雑貨が購入できる、世界最大級の品ぞろえのメインショップ、ムーミラークソ カウッパ」。

ここでしか手に入らない、ムーミングッズが手に入りそうですね!

ムーミンファンはもちろん、このショップは要チェックです!




ムーミンバレーパーク展示施設 コケムス2F

コケムスの2階は、ムーミンの物語や原作者トーベ・ヤンソンの作品を展示したり映像を流し、ムーミンがどうやってできたのか、トーベ・ヤンソンのムーミンへの思いなど、より深くムーミンについて紹介します。

展示施設KOKEMUS (コケムス) 常設展コーナー

出典:ムーミン公式サイト

ここは、常設展コーナー。

常設コーナーでは、ムーミン原作本の翻訳やムーミンコミックスの翻訳など、トーベヤンソン作品を多く手掛けている富原真弓先生がアドバイスした展示が企画されるとのこと!

トーベヤンソンを深く研究する富原真弓先生が手掛ける展示。ムーミンファンとしては、すごく楽しみ♪

他にも、8m超のムーミン谷の巨大ジオラマや、フィンランドのヘルシンキ・アート・ミュージアムからのアート作品なども展示されるそうですよ。

とってもステキな展示作品になりそうですね!




展示施設KOKEMUS (コケムス)トーベの記憶シアター

出典:ムーミン公式サイト

「夏の家」を模した、トーベの記憶シアター。

トーベは子どものころ、毎年夏の数週間を母方の祖父が住むストックホルム近郊の多島海に浮かぶ島で、1920年以降はフィンランドのペッリンゲ群島地域で過ごしています。

この家族とともに過ごした島での幸せな夏の日の記憶は、その後のムーミンシリーズに大きく影響しています。

ここでは、トーベヤンソンとムーミン作品との関係やトーベ・ヤンソンの生きてきたスト―リーを織り交ぜながら、ムーミン物語についてより知ることができる施設になっています。

ムーミンバレーパーク展示施設 コケムス3F

コケムスの3階は、物語の様々なシーンを巡りながら、物語の魅力をインタラクティブに体感できます。
ムーミンの歴史を堪能した後は、くつろげるカフェや厳選されたムーミングッズが置かれているセレクトショップ、ストーリーに基づいたモノづくりやトーベ・ヤンソンの作品にまつわる創作体験などができるワークショップも揃っています。

ワークショップルーム「Paja(パヤ)」

出典:フィンテック グローバル株式会社

ワークショップルーム「Paja(パヤ)」では、見るだけでなく、ワークショップを通して自分だけのムーミンの思い出を持ち帰ることができるようになっていますよ。

ショップ&カフェ「Kauppa&Kahvila(カウッパ&カハヴィラ)」

出典:フィンテック グローバル株式会社

ムーミンやトーベヤンソンについてじっくり知ることができた後は、ゆったりとしたカフェでひと息つきましょう。

ここでは、北欧から直輸入のムーミングッズを購入することもできます。

X JAPANのYOSHIKIさんが持っていた、ムーミンのぬいぐるみも売られているかもしれませんね!

YOSHIKIさんがムーミンのぬいぐるみを持った映像はこちら。

X JAPANのYOSHIKIはムーミン好き?!海外でしか手に入らないグッズ!




ヘムレンさんとスナフキンの展示

出典:ムーミン公式サイト

ムーミンバレーパーク展示施設 KOKEMUS (コケムス)の3階に降りると、目の前にはムーミンの本来の世界観である⽩⿊原画で表現された森が!

ここでは、「ムーミン谷の自然」をテーマにしたヘムレンさんとスナフキンの展示を見ることができます。

木々のざわめきが聞こえる森の中で、熱心に虫めがねをのぞくヘムレンさん。ここにいるヘムレンさんは、昆虫採集が趣味のヘムレンさんですね(^^)

昆虫採集を生きがいとするヘムレンさんの虫眼鏡を通して、さまざまな生き物たちを見ることができますよ。

また、ここにはスナフキンと彼に憧れる小さな はい虫を見ることもできます。

名前を付けてほしいと願う はい虫とスナフキンのやり取りや、まさに はい虫に名前が付けられる瞬間に立ち会うことができます。

嬉しそうに自分の名を叫ぶはい虫と一緒に、「ティーティ=ウー!」と彼の名前を呼んであげてくださいね。

このストーリーは、「ムーミン谷の仲間たち」の「春のしらべ」に出てきます。事前に「「ムーミン谷の仲間たち」を読んでいくのがおすすめですよ♪

ニョロニョロの展示

出典:ムーミン公式サイト

ムーミンキャラクターの中でも、大人気のニョロニョロ。ここではニョロニョロについての展示をしています。

ニョロニョロドリンクもあるくらい、ニョロニョロは大人気!

ここでは、ニョロニョロの生態を映像と光で楽しむことができますよ。ニョロニョロが何から生まれてくるか、ニョロニョロが電気を帯びているのはなぜか?全てがわかりますよ(^^)




ムーミンバレーパーク アトラクション

ムーミンバレーパーク 海のオーケストラ号

メッツァ ムーミンテーマパーク ムーミンバレーパーク 海のオーケストラ号

出典:ムーミン公式サイト

メッツァ ムーミンテーマパーク ムーミンバレーパーク 海のオーケストラ号

出典:ムーミン公式サイト

海のオーケストラ号は、映像を用いた体験型アトラクションです。

このアトラクションは「勇気」や「挑戦」、「友情」、「家族の絆」がテーマ。体感モーフィングシアターの手法を用いて、実際に冒険しているような感覚を味わえます。

「ムーミンパパの思い出」に登場する「海のオーケストラ号」に乗ることができるなんて、夢のようですね!

壁面や床面に加え、造形物にも映像を投影し、これまでにないユニークな演出による没入感と臨場感あふれる体験が楽しめるそうですよ♪

個人的には、このアトラクションがとっても楽しみです!

ムーミンバレーパーク エンマの劇場

出典:ムーミンバレーパーク公式サイト

エンマ劇場は、キャラクターショーを行う屋外型ステージです。

物語のエピソードの1つである、ムーミン谷が洪水に見舞われたときに流れてきた「エンマの劇場」。

ここでは、ムーミンとその仲間たちによるライブエンターテインメントが繰り広げられます。

東京ディズニーランドのような、楽しいショーがおこなれるのではないでしょか。
ムーミンが踊る姿はあまり想像できませんが、ムーミンのキレッキレの踊りが見たいですね(笑)

その他にもスナフキン、リトルミイ、スニフたちが踊ったり歌ったりするシーンも楽しみです。

※エンマ劇場が出てくるムーミン原作「ムーミン谷の夏まつり」のあらすじはこちら。

ムーミン原作小説を読む順番は?おすすめの本は?初心者のためのムーミンガイド

ムーミンバレーパーク おさびし山

出典:フィンテック グローバル株式会社

おさびし山は、物語を体感できる「冒険と思索の山」になっています。

ここは、子どもたちが自然のなかで元気いっぱいに遊ぶことができるアスレチックやツリーハウスが点在し、頂上にはおさびし山のシンボルとなる天文台がそびえます。おさびし山は、天文台やアスレチックがあり子ども達が自由に遊べる場所です。





ムーミンバレーパーク きのこの黒板

出典:フィンテック グローバル株式会社

かわいらしいキノコのいすや屋根があって、こちらで休憩ができるようになっています。

あけぼの子どもの森公園にありそうな雰囲気ですね!

ムーミンバレーパーク アスレチック「ヘムレンさんの遊園地」

出典:フィンテック グローバル株式会社

アスレチックは、「ムーミン谷の仲間たち」の中に出てくる「しずかなのが好きなヘムレンさん」を軸としたストーリーがモチーフになったアスレチックです。

小説に出てくるツリーハウスやつり橋もありますよ♪

※「ムーミン谷の仲間たち」についてはこちら。

「ムーミン谷の仲間たち」は泣ける!深い!大人にこそ読んでほしい短編童話集

ムーミンバレーパーク メリーゴーランド遊具

出典:フィンテック グローバル株式会社

こちらも、ムーミン谷の仲間たちに出てくるヘムレンさんが作ったメリーゴーランドです。

ぜひ「ムーミン谷の仲間たち」を事前に読んでみてくださいね!大人も楽しめる小説ですよ♪




ムーミンバレーパーク ZIP LINE(ジップライン)

出典:フィンテック グローバル株式会社

宮沢湖を横断飛行するジップライン「飛行おにのジップラインアドベンチャー」。

おさびし山の頂上からスタートします。

ジップラインは、今とっても大人気のアトラクションで、湖の上に張ったワイヤーを滑車で滑り降り、絶景とスリルを楽しむアクティビティです。

出典:フィンテック グローバル株式会社

往復400mの宮沢湖上を風を切って滑空するのは、とっても楽しそうですね!

小説「たのしいムーミン一家」に登場する「飛行おに」が黒ヒョウに乗って空を飛ぶように、森の中、湖の上を風を感じながら思いっきり楽しみましょう。

おさびし山のアスレチックで、疲れ知らずの子ども達をここで遊ばせれば、帰りはぐっすり眠ってくれそうですね(笑)

出典:フィンテック グローバル株式会社




ムーミンバレーパーク 写真スタジオ「ムイック フォト」

出典:フィンテック グローバル株式会社

ムーミンバレーパーク内には写真館もあり、ムーミンキャラクターたちと一緒に写真が撮れるサービスがあります。

名前の「ムイック フォト」の「ムイック」とは、フィンランド語で「はい、チーズ!」の意味です。

ムーミンキャラクターたちと一緒に写真を撮れるのはムーミンバレーパークだけなので、メッツァに来た記念に写真を撮るのもおすすめですよ。

出典:フィンテック グローバル株式会社

ムーミンバレーパーク 水浴び小屋、灯台などのフォトスポット

メッツァ ムーミンテーマパーク ムーミンバレーパーク 水浴び小屋

出典:ムーミン公式サイト

メッツァ ムーミンテーマパーク ムーミンバレーパーク 灯台

出典:ムーミン公式サイト

宮沢湖に突き出た「水あび小屋」とその湖畔にある「灯台」は、絶好の撮影スポットです。

他にも、パーク内にはムーミンの世界を再現したプロップス(小道具)が随所にあり、写真撮影に適したスポットが至る所にあります。

緑いっぱいの森林に大きな宮沢湖をバックにして、パシャッと記念写真。きっとインスタ映えする人気の場所になる事でしょう。いち早くインスタにあげてみたいですね!




ムーミンバレーパーク 入場料

ムーミンバレーパークの入場料は有料です。

入場料がわかり次第、すぐにお知らせいたしますね。

ムーミンバレーパーク プレオープン参加方法!ふるさと納税でチケットがもらえる!
埼玉県飯能市の新たなムーミン谷として注目を浴びている「メッツァ」。 メッツァは「ムーミンバレーパーク」と「メッツァビレ...

ムーミンバレーパーク 営業時間

OPEN CLOSE
平日 10:00 20:00
土日祝日 10:00 20:00

※イベント等により変更となる場合あり。

※臨時休業やメンテナンスによる一部施設の営業時間変更等に関しては、メッツァ公式サイトでお知らせします。

ムーミンバレーパーク 駐車場

メッツァビレッジの駐車場は、事前予約制です。

事前予約と当日予約があります。

また、当日駐車場が空いている場合のみ、10分単位や30分単位での時間貸しで駐車することができます。

前売り予約の駐車料金

平日 1500円
休日 2500円

当日予約の駐車料金 (当日、WEB予約の空きがある場合のみご予約可能)

<月~金(平日)>

予約時間 駐車場
0:00~12:59までに予約 1500円
13:00 ~ 16:59までに予約 1000円
17:00以降に予約 500円

<土・日・祝>

予約時間 駐車料金
0:00~12:59までに予約 2,500円
13:00 ~ 16:59までに予約 1,500円
17:00以降に予約 500円

<時間貸し 料金表>

平日 10分:100円(最大1800円)
土日祝 30分:500円(最大3000円)
支払い方法 現金のみ
予約 予約なし
その他 予約を含む満車の場合は利用不可




ムーミンバレーパーク 場所

住所:〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢431−3−58

ムーミンバレーパーク アクセス方法

メッツァビレッジは、都心から電車で40分です。また最寄り駅の飯能駅や東飯能駅からは、メッツァビレッジ直行バスが出てきます。

車利用の場合

車でメッツァに行く場合、ナビには「〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢27-1」と入れましょう。

各方面からのアクセス方法は以下のとおりです。

<車でのアクセス方法>

■狭山日高インターチェンジから県道262号線経由5.4km(約12分)

■青梅インターチェンジから県道218号線経由約11km (約30分)

■飯能駅北口から宮沢湖入り口まで約3km(約10分)

出典:メッツァ公式サイト

電車利用の場合

電車でメッツァに行く場合、「飯能駅」もしくは「東飯能駅」で下車します。

池袋駅

<池袋駅→ → 飯能駅>

■池袋駅から電車で約50分 乗換:0回

①池袋駅で西武池袋線(約50分)に乗り、飯能駅で下車

※特急レッドアロー号を利用すると約40分)

●東京駅

<東京駅 → 池袋駅 → 飯能駅>

■東京駅から電車で70分 乗換:1回

①東京駅から「東京メトロ丸の内線」(約15分)に乗る → 池袋駅下車

②池袋駅から「西武池袋線」(約50分)に乗る→飯能駅下車

※池袋駅から、特急レッドアロー号を利用すると約40分

八王子駅

<八王子駅 → 東飯能駅>

■八王子駅から電車で35分 乗換:0回

①八王子駅から「JR八高線」(約35分)に乗り、東飯能駅で下車

川越駅

<川越駅 → 東飯能駅>

■川越駅から電車で25分 乗換:0回

①川越駅から「JR八高線」(約25分)に乗り、東飯能駅で下車

横浜駅

<横浜駅 → 東飯能駅>

■横浜駅から電車で90分 乗換:0回

①横浜駅から「東急東横線・東京メトロ副都心線・西武有楽町線・西武池袋線(約90分)」に乗り、東飯能駅で下車

バス利用の場合

●飯能駅

◎西武池袋線 「飯能駅北口」1番乗場より、メッツァ行きバスが運行

東飯能駅

◎JR八高線「東飯能駅東口」2番乗場より、メッツァ行き直行バスが運行





ムーミンバレーパーク 宿泊施設

メッツァビレッジ計画当初は、宿泊施設を建設予定でしたが、途中で中止になりました。

ですのでメッツァで宿泊する場合は、近くのホテルや旅館、東京での宿泊になります。

早くから話題沸騰で遠方から来る人も多く、現在のところ特に冬休み、春休み、夏休みといった大型休暇は多くの人が訪れると思いますので、遠方から来る人はアクセスなどしっかりと事前に計画しておいてくださいね。

また、せっかく来たのに泊まるところを予約してなかった・・なんてことにならないように、ホテルも早めの予約をしておきましょうね!

⇒ 埼玉県飯能市 おすすめホテル・旅館

池袋 おすすめホテル・旅館

ムーミンバレーパークまとめ 入場料・アトラクション・営業時間など徹底解説!まとめ

ムーミンバレーパークについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!






スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ

☆最後までお読み頂きありがとうございます☆
「役に立った」「面白い」と思ったら、ぜひ当サイトをシェアしてくださいね。

シェアしてね♪

フォローする

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ