ムーミンテーマパーク・メッツァの場所やアクセス方法・アトラクションや入場料は?

埼玉県飯能市のムーミンランド「メッツァ」の有料ゾーン「ムーミンバレーパーク」のオープン日が、2019年3月16日(土)に決定しました!

2018年の11月9日〔金)に一足先にオープンするムーミンテーマパークメッツァビレッジと、今回発表になった2019年3月16日(土)オープンの「ムーミンバレーパーク」。

この二つのゾーンがオープンして、ムーミンランド「メッツァ」の完成になります。

今回初めて明らかになった有料ゾーン「ムーミンバレパーク」の全貌と、無料ゾーン「メッツァビレッジ」について詳しくご紹介しますね。素晴らしい内容にビックリしますよ。

ムーミンテーマパーク「メッツァ(metsä)」とは?

埼玉県 飯能市 ムーミンテーマパーク メッツァ ムーミンランド バレーパーク

出典:フィンテック グローバル株式会社

有料ゾーン「ムーミンバレーパーク」の説明の前に、まずはムーミンテーマパーク「メッツァ」基本情報を確認しておきましょう。

ムーミンテーマパーク「メッツァ」は

・北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」(入場無料エリア)

ムーミン物語を体感できる「ムーミンバレーパーク」(有料エリア)

の2つのエリアから構成されています。

場所は、埼玉県飯能市宮沢湖周辺です。

<ムーミンテーマパーク「メッツァ」 基本情報>

■名前の総称:メッツァ(metsä)※フィンランド語で「森」

・無料エリア・・メッツァビレッジ

・有料エリア・・ムーミンバレーパーク

■場所:埼玉県飯能市宮沢湖周辺エリア
■テーマ:北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰れる場所
■敷地面積:メッツァビレッジ16.3万㎡/ムーミンバレーパーク 7.3万㎡(宮沢湖の水面部分は含まず)

■ムーミン発祥の地フィンランドの「ムーミンワールド」以外では、世界初の施設!

ムーミンテーマパーク「メッツァ(metsä)」は、メッツァビレッジが11月9日に先にオープンし、2019年3月16日(土)にムーミンバレーパークがオープンして完成となります。

ムーミンランド メッツァ ムーミンバレーパーク メッツァビレッジ

出典:フィンテック グローバル株式会社

ちなみに、メッツァは「メッツァビレッジ」と「ムーミンバレーパーク」2つの敷地面積を合わせると、なんと東京ドーム4個分の大きさになるんですよ。

<ムーミンテーマパークメッツァ(metsä) 概要 >

①メッツァビレッジ
開業:2018年11月9日オープン/入場料無料
コンセプト:北欧のライフスタイルを体験できるゾーン

②ムーミンバレーパーク
開業:2019年3月16日(土)オープン/有料
コンセプト:ムーミン物語を体験できるゾーン

「メッツァ(metsä)」は“挑戦、創造、共有、解放、探求、創造”の6つの体験価値を用意し、「北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰れる場所」をコンセプトとした施設です。




ムーミンバレパークとは

ムーミンテーマパーク「メッツァ」の有料施設エリア「ムーミンバレパーク」についてご紹介します。

メッツァビレッジ・・入場無料/北欧のライフスタイルを体験

ムーミンテバレーパーク・・有料/ムーミン物語を主体とし、さまざまなアトラクションやエンターテイメントを体験できる

ムーミンバレーパークを運営する「ムーミン物語」によると、通年営業のムーミンのテーマパークは世界初だそうです。

ムーミンバレーパークは、ムーミンの世界観を壊さないように、できるだけ宮沢湖周辺の森林をそのままにしてムーミン物語を体感できるようにしています。

またムーミンバレパークでは、ムーミン物語を体験できるアトラクションの他にも、北欧の料理が食べられるレストランや、ここでしか手に入らないオリジナルムーミングッズなどを販売する大型ギフトショップなど、とにかくムーミンファンには嬉しい施設になること間違いなし!

では、1つづつムーミンバレパークの施設を見て行きましょう!

ムーミンバレーパーク エントランス施設

メッツァ ムーミンテーマパーク ムーミンバレーパーク ムーミンランド

出典:ムーミン公式サイト

まずはエントランス。ムーミンテーマパークの玄関ですね!

エントランスはムーミン物語が描かれた「本」の形をしたユニークな玄関。完成予想図では本型の「ゲート」は4つあります。

この「本」のゲートをくぐりぬけると、その先にはさまざまなムーミンの世界が待っています!

他にも、エントランス施設にはいろいろな種類のパンケーキメニューが楽しめるレストランがあるそうですよ。

またショップではムーミングッズが販売されていて、ここで買ったムーミングッズを身に着けながらムーミンの世界を楽しむこともできます。

イメージとしては、東京ディズニーランドのファンキャップや

東京ディズニーランド カチューシャ

カチューシャのようなものが売っているのかもしれませんね。

ディズニーランド ミニ― カチューシャ

想像しただけで楽しそう!
ムーミングッズを身に着けてパークに行くと、楽しさが何倍にもなりそうですね。

たっぷり遊んだ帰りに、今度はお友達のお土産や楽しんだ思い出としてグッズを購入するにもピッタリの場所です。




ムーミンバレーパーク ムーミン屋敷

ムーミンテーマパーク ムーミンバレパーク ムーミン屋敷 ムーミンランド

出典:ムーミン公式サイト

原作者トーベ・ヤンソンが描いたムーミン屋敷そっくりの、ムーミン屋敷。

原作に忠実に再現されたムーミン屋敷は、地上3階・屋根裏部屋・地下室という構造になっています。

地下室・・・たくさんの食料が保管している貯蔵庫。ムーミンママは、料理をするのに必要な食糧をいつもこの地下室から持ってきます。ムーミンママの大事な薬剤師室もありましたっけ。
1階・・・・キッチンとリビング
2階・・・・リビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋
3階・・・・ムーミンの部屋・リトルミイの部屋
屋根裏部屋・・ムーミンパパの書斎

同じ飯能市にある「トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園」にも、地上3階・地下1階のムーミン屋敷をイメージした建物があります。

トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園

こちらも、まるでムーミンたちが住んでいたような感覚を味わうことができます♪

ムーミンバレーパーク・あけぼの子どもの森公園両方とも行って、違いを確認するのも面白いですね!

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園についてはこちらをどうぞ

ムーミン谷が埼玉に!あけぼの子どもの森公園と周辺ランチ&アクセス方法!メッツァ情報も




ムーミンバレーパーク展示施設 KOKEMUS (コケムス)

メッツァ ムーミンテーマパーク ムーミンバレーパーク 展示施設 ムーミンランド

出典:ムーミン公式サイト

ムーミンテーマパークの展示施設は地上3階建ての施設で、名前は「コケムス」に決まりました。「コケムス」はフィンランド語で「体験」という意味です。

ここでは、トーベヤンソンが歩んできた人生とムーミンとの関係を体験しながら、ムーミンの作品に深く触れることができる施設になっています。

常設施設や企画展を楽しんだ後は、、ワークショップルームで物語にちなんだものづくり体験で自分だけの思い出を持ち帰ることができます。

出典:フィンテック グローバル株式会社

1階は世界最大級の品揃えとなるショップと、ムーミンたちの夜の不思議な森のパーティーをイメージしたメインレストランが入っています。

ムーミンの世界観とおしゃれな北欧の輸入雑貨が購入できるセレクトショップ&カフェ「カウッパ&カハヴィラ」と、ムーミン作品をイメージしたレストラン「ムーミン谷の食堂・ムーミンラークソ ルオカラ」。

ムーミン谷の食堂は「楽しいムーミン一家」に出てくるパーティーをイメージしている戸思います。レストランメニューは、ムーミンカフェのようなムーミンの形をしたスイーツや料理が出てくるのでしょうか。

ここでしか食べられない料理もありそうです!

出典:フィンテック グローバル株式会社

2階は、ムーミンの物語や原作者トーベ・ヤンソンの作品を展示したり映像を流し、ムーミンがどうやってできたのか、トーベ・ヤンソンのムーミンへの思いなど、より深くムーミンについて紹介します。

8m超のムーミン谷の巨大ジオラマや、フィンランドのヘルシンキ・アート・ミュージアムからのアート作品なども展示されるそうですよ。

出典:フィンテック グローバル株式会社

ムーミンの歴史を堪能した後は、くつろげるカフェや厳選されたムーミングッズが置かれているセレクトショップ、ストーリーに基づいたモノづくりやトーベ・ヤンソンの作品にまつわる創作体験などができるワークショップも揃っています。

3階は、物語の様々なシーンを巡りながら、物語の魅力をインタラクティブに体感できます。

出典:フィンテック グローバル株式会社




ムーミンバレーパーク 海のオーケストラ号

メッツァ ムーミンテーマパーク ムーミンバレーパーク 海のオーケストラ号

出典:ムーミン公式サイト

メッツァ ムーミンテーマパーク ムーミンバレーパーク 海のオーケストラ号

出典:ムーミン公式サイト

海のオーケストラ号は、映像を用いた体験型アトラクションです。

このアトラクションは「勇気」や「挑戦」、「友情」、「家族の絆」がテーマ。体感モーフィングシアターの手法を用いて、実際に冒険しているような感覚を味わえます。

「ムーミンパパの思い出」に登場する「海のオーケストラ号」に乗ることができるなんて、夢のようですね!

壁面や床面に加え、造形物にも映像を投影し、これまでにないユニークな演出による没入感と臨場感あふれる体験が楽しめるそうですよ♪

個人的には、このアトラクションがとっても楽しみです!




ムーミンバレーパーク エンマの劇場

エンマ劇場は、キャラクターショーを行う屋外型ステージです。

物語のエピソードの1つである、ムーミン谷が洪水に見舞われたときに流れてきた「エンマの劇場」。

ここでは、ムーミンとその仲間たちによるライブエンターテインメントが繰り広げられます。

東京ディズニーランドのような、楽しいショーがおこなれるのではないでしょか。
ムーミンが踊る姿はあまり想像できませんが、ムーミンのキレッキレの踊りが見たいですね(笑)

その他にもスナフキン、リトルミイ、スニフたちが踊ったり歌ったりするシーンも楽しみです。

ムーミンバレーパークについてはこちらもどうぞ

埼玉のムーミンテーマパークメッツァの工事状況は?2018年随時更新




ムーミンバレーパーク おさびし山

出典:フィンテック グローバル株式会社

おさびし山は、物語を体感できる「冒険と思索の山」になっています。

ここは、子どもたちが自然のなかで元気いっぱいに遊ぶことができるアスレチックやツリーハウスが点在し、頂上にはおさびし山のシンボルとなる天文台がそびえます。おさびし山は、天文台やアスレチックがあり子ども達が自由に遊べる場所です。

アスレチックは、「ムーミン谷の仲間たち」の中に出てくる「しずかなのが好きなヘムレンさん」を軸としたストーリーがモチーフになったアスレチックで、小説に出てくるツリーハウスやつり橋、メリーゴーランド遊具などもあるそうですよ♪

出典:フィンテック グローバル株式会社

※「ムーミン谷の仲間たち」のあらすじについてはこちら。ムーミンシリーズの中で唯一の「短編集」で、ぜひ大人に読んでほしい1冊です。個人的にはイチオシの小説です。

「ムーミン谷の仲間たち」のあらすじ 泣ける!深い!大人にこそ読んでほしい短編童話集

また、宮沢湖を横断飛行するジップライン「飛行おにのジップラインアドベンチャー」のスタート地点もあります。

出典:フィンテック グローバル株式会社

ジップラインは、今とっても大人気のアトラクションで、湖の上に張ったワイヤーを滑車で滑り降り、絶景とスリルを楽しむアクティビティです。

往復400mの宮沢湖上を風を切って滑空するのは、とっても楽しそうですね!

小説「たのしいムーミン一家」に登場する「飛行おに」が黒ヒョウに乗って空を飛ぶように、森の中、湖の上を風を感じながら思いっきり楽しみましょう。

おさびし山のアスレチックで、疲れ知らずの子ども達をここで遊ばせれば、帰りはぐっすり眠ってくれそうですね(笑)




ムーミンバレーパーク ムーミン谷エリア 写真スタジオの「ムイック フォト」

出典:フィンテック グローバル株式会社

ムーミンバレーパーク内には写真館もあり、ムーミンキャラクターたちと一緒に写真が撮れるサービスがあります。

ムーミンキャラクターたちと一緒に写真を撮れるのはムーミンバレーパークだけなので、メッツァに来た記念に写真を撮るのもおすすめですよ。

ムーミンバレーパーク 水浴び小屋、灯台などのフォトスポット

メッツァ ムーミンテーマパーク ムーミンバレーパーク 水浴び小屋

出典:ムーミン公式サイト

メッツァ ムーミンテーマパーク ムーミンバレーパーク 灯台

出典:ムーミン公式サイト

宮沢湖に突き出た「水あび小屋」とその湖畔にある「灯台」は、絶好の撮影スポットです。

他にも、パーク内にはムーミンの世界を再現したプロップス(小道具)が随所にあり、写真撮影に適したスポットが至る所にあります。

緑いっぱいの森林に大きな宮沢湖をバックにして、パシャッと記念写真。きっとインスタ映えする人気の場所になる事でしょう。いち早くインスタにあげてみたいですね!




ムーミンバレーパークの入場料は?

気になる入場料ですが、現在のところまだ未定です。ということで、ムーミンバレーパークの広さや、本国フィンランドのムーミンワールド、埼玉県内の他のテーマパーク、東京ディズニーランドなどと比較して、予想してみましょう!

本国フィンランドのムーミンワールドの入場料は?

同じようなテーマパークで考えると、本国フィンランドにあるムーミンワールドは1日券(フリーパス)が28ユーロ、日本円に換算すると約3640円(1ユーロ≒130円で計算)になります。

ムーミンバレーパークは東京ドーム1.5倍の広さ

敷地面積で見ると、ムーミンバレーパークの広さは7.3ヘクタール、東京ドーム約1.5倍の大きさなのでそんなに広くはありません

同じ飯能市にある「トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園」の広さは、ムーミンバレーパークとほぼ同じの7.6ヘクタールで、東京ドームの約1.6倍です。

あけぼの子どもの森公園に行ったことのある人なら、同じくらいの広さだと思っていただければいいと思います。

ちなみに、東京ディズニーランドは東京ドームの約11個分、東京ディズニーシーは東京ドーム約10個分です。

埼玉県内の他のテーマパークの入園料は?

同じ埼玉県内の他のテーマパークの入場料を見てみると、入場料1000円前後・フリーパスは3000円~5000円程度になっています。

■東武動物公園・・・入場料1700円/フリーパス4800円

■むさしの村・・・入園料 1200円/フリーパス2900円

ちなみに、飯能市が運営している「トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園」は、誰でも無料で入ることができ、園内にはムーミンの展示施設やムーミンの世界観を体験する建物もあります。

参考までに、東京ディズニーランドのフリーパスは7400円です。

ずばり予想!ムーミンバレーパークの入場料金は?

ムーミンバレークの広さ・近隣施設の値段・本国フィンランドのムーミンワールド・これらを比較して考えると、ムーミンバレーパークの入園料は1000円前後1日フリーパス料金は3000円前後になるのではないでしょうか?

ムーミンバレーパークへのアクセス方法

<アクセス方法>

場所:埼玉県飯能市宮沢431番3外58筆及び湖畔市有地

<公共交通機関の場合>

最寄り駅:「西武池袋線 飯能駅」

※都心から行く場合、西武池袋線「池袋駅」から「飯能駅」まで特急レッドアロー号で40分

飯能駅~宮沢湖までバスで10分

<車の場合>

・池袋より関越自動車道・圏央道経由「狭山日高IC」で下車(約1時間)

⇒「狭山日高IC」から秩父・反応方面へ10分(6km)

都心から電車で40分なら気軽に行けますね!ただし、飯能駅を降りてからメッツァまではかなりの距離があります。

メッツァは西武鉄道が開発していた地域のため、全面的にバックアップするそうですので、駅からのシャトルバスやメッツァ行きのムーミン電車など、いろいろ整備されそうですよ。




ムーミンテーマパーク・メッツァの場所やアクセス方法・アトラクションや入場料は?まとめ

今回はやっと明らかになった、埼玉県飯能市のムーミン谷・ムーミンバレーパークのオープンの日程と施設内容の詳細をご紹介しました。

メッツァビレッジのオープンが2018年11月9日(金)。その4か月後の2019年3月にムーミンバレーパークがオープン!

さらに2019年の春には、最新作のムーミンアニメシリーズの放送が決定しています!

しかも019年は日本とフィンランドの外交関係樹立100周年にあたる年。すでに、いろいろな文化イベントの開催が決定しています。

もちろんその中には、ムーミンに関するイベントもあります!2018年の後半から2019年にかけて、ムーミンフィーバーが起こりそうですね!

またメッツァに関する最新の情報が入りましたら、すぐにお知らせしますので、楽しみにしていてくださいね!






スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ

☆最後までお読み頂きありがとうございます☆
「役に立った」「面白い」と思ったら、ぜひ当サイトをシェアしてくださいね。

シェアしてね♪

フォローする

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ