ムーミンバレーパーク エンマの劇場は小栗旬兄が演出!メッツァBGMはアゲハスプリングス

埼玉県飯能市に、2019年3月16日(土)オープンのムーミンバレーパーク。

ムーミンの世界観を体験できるテーマパークとして、2019年大注目の施設です。しかも2019年は新元号となり、新しい時代がスタートする記念すべき年。

新しい時代とともにスタートするムーミンバレーパーク、大成功してほしいですね!

今回はそんな、ムーミンバレーパークやメッツァに欠かせない音楽やショーの演出を担当しているミュージシャンや音楽プロデューサー、ムーミンバレーパーク内での劇場の演出を手掛けるプロデューサーについてご紹介します。

え!こんな人が!?という、驚きの人が担当してますよ(^^)

テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ

ムーミンバレーパーク ソニーミュージックエンターテイメントとコラボ

2018年11月にオープンしたメッツァビレッジと、2019年3月にオープンするムーミンバレーパークの2つのエリアがあるメッツァ。

北欧の生活スタイルを体験できたり、ムーミンに触れ合うことができたり、ムーミン小説の世界観を体験できる、今までにない施設として大注目ですよね!

その狙い通り、メッツァは埼玉県の新しい観光スポットとして人気急上昇中です♪

そんなメッツァですが、北欧とムーミンがテーマとなっているのでそれにあった音楽だったり演出が必要になります。

来場者にメッツァって楽しい!来てよかった!と満足してもらうためには、やはりその道のプロにお願いするのが一番ですよね。

ということで、メッツァを運営するムーミン物語は、ソニーミュージックエンターテイメント(SME)と資本業務提携をすることにしました。

ソニーミュージックエンターテイメントは、ミュージシャンを発掘・育成・プロデュースはもちろん、ゲームの企画や制作、プロデュース、ライブの企画・制作、劇団運営などなど、ありとあらゆるエンターテイメントに関する事業を行っています。

エンターテイメントのプロと資本提携をすることで、メッツァは今までにない新しい形のエンターテイメントを作ろう!としているんですね。

ムーミン物語のメッツァに掛ける意気込みが伝わってきますね!

ムーミンバレーパークでは、オープンした後もいろいろなイベントや商品開発などを考えているようですよ。行くたびに、いろんな楽しみが増えそうですね♪




ムーミンバレーパーク エンマの劇場のショー演出は小栗旬のお兄さん!

ムーミンバレーパークのアトラクションの一つ、エンマの劇場では、ムーミンやスナフキン、リトルミイといったキャラクターのステキなダンスが見られる屋外ステージです。

東京ディズニーランドでもミッキーやミニーたちが、プロ顔負けのダンスを披露してくれますが、きっと「エンマの劇場」のムーミンたちも、ミッキーたちに負けないぐらいのキレッキレのダンスを見せてくれると思います(^^)

そんなムーミンたちのキャラクターショーの演出を手掛けるのは、「小栗了」さん。

なんと小栗了さんは、俳優の小栗旬さんのお兄さんなんです!

以前、さんま御殿に出演していた時に拝見しましたが、小栗旬さんにそっくりでイケメンです♪それにしても、兄弟でエンターテイメントのお仕事をされているんですね。

さらにすごいことに、なんと小栗さんのお母さんは、ムーミンのキャラクターショーのダンサーとして踊っていたそうです。しかもそのショーで照明担当だったお父さんと出会ったことがきっかけで結婚されたとか。

まさに、ムーミンが小栗さんを産んだといっても過言ではありません(笑)

小栗了さんご本人からのメッセージはこちら

ムーミンがなければ、僕はこの世にいませんでした。1970年代にやっていたムーミンのキャラクターショーでダンサーとして踊っていた母と、そのショーに照明としてついていた父。そこで二人は出会いました。そして、僕は生まれました。言ってみれば、ムーミンベイビーなわけで。この仕事の話をいただいた時には、勝手ながら運命を感じました。同時にプレッシャーも感じておりますが、ムーミン谷の世界観を壊さずに、まだムーミンを知らない世代にも、ムーミンが大好きな方々にも楽しんでいただけるようなものを作っています。どうぞ、ご期待ください。 出典:ムーミン物語

小栗了さん、現在ムーミンバレーパークでオープンの準備をしているそうですよ♪ムーミンバレーパークがオープンしたら、もしかすると弟の小栗旬さんも遊びに来るかも知れませんね♪

小栗了さんのプロフィール

名前:小栗了(おぐり りょう)

生年月日:1976年9月5日

出身地:東京都

身長:183cm

その他:株式会社NAC 取締役

ちなみに小栗了さんは、すでに結婚されています(^^)




ムーミンバレーパーク メッツァのBGM担当はアゲハスプリングス

メッツァのBGMを担当するのは、音楽制作とプロデューサーのマネジメントを主とした日本のクリエイティブカンパニーである、音楽制作プロダクション「アゲハスプリングス」。

アゲハスプリングスには多くのクリエイターが所属し、クリエイター個人での活動はもちろん、会社としてもプロデュースを行っています。

このアゲハスプリングス、活動内容を見るととにかくすごい!

YUKIや中島美嘉、Superfly、JUJU、米津玄師といった、個性的でインパクトのある、唯一無二の存在として活躍している一流アーティストを数多くプロデュースしているんです。

その他にも映画音楽やドラマ、アニメ音楽なども手掛けていて、さらには舞台演出、映像制作なども行っています。

とにかく「ザ・クリエイト集団」といった人たちの集まりの会社のようです。

こんなにすごいクリエイターが作る音楽がメッツァ内に流れると思うと、ワクワクしますね!

今からどんな音楽が聞けるのか、とっても楽しみです♪

<アゲハスプリングス>

音楽×総合クリエイティブカンパニー。
音楽プロデューサー玉井健二(a.k.a.元気ロケッツ)が 2004年に設立。
蔦谷好位置、田中ユウスケ(a.k.a. Q;indivi)、田中隼人、百田留衣、飛内将大、釣俊輔など、日本を代表する音楽ヒットメーカーが多数在籍する。YUKI、ゆず、Superfly、中島美嘉、JUJU、米津玄師、back number、Aimer、少女時代、CNBLUEなどをはじめ数々のアーティストのヒット曲を創出し、手掛けたCD及びDVDパッケージの総売上枚数は1億枚を超える(2004年~2018年1月時点)。現在は国内外のCM音楽、映画音楽、ドラマ、アニメ、ゲーム作品の音楽も数多く手掛けている。  出典:ムーミン物語

そうそう、年明けに「音楽チャンプ」という番組を見ていたら、アゲハスプリングスの田中隼人さんが審査員として出ていました。どんな仕事してるんだろうと思ってましたが、有名プロデューサーだったんですね。




ムーミンバレーパーク エンマの劇場は小栗旬兄が演出!メッツァBGMはアゲハスプリングスまとめ

ムーミンバレーパークを演出、プロデュースするプロの人たちをご紹介しました。

すごく有名なその道の専門家が担当するとのことで、来場者も満足できるエンターテイメントになりそうですね!

遊びに行く人は、ぜひ楽しんでみてくださいね。

テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ



シェアしてね♪

フォローする

テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ