メッツァにプラネタリウムがオープン!入場料や開催期間は?ワークショップも!

埼玉県飯能市にあるメッツァビレッジで、2019年7月20日~9月1日まで「~星降るmetsa~『Nordic Sky プラネタリウムスペース』」がオープンします!

監修は、プラネタリウム・クリエーター大平貴之さんです♪

大平さんといえば、ネスカフェゴールドブレンド「違いを楽しむ人」のCMに登場していました!

そんな星に詳しいプロの人が作ったプラネタリウム、ぜひ見てみたいですよね。

小学生や中学生の夏休みの宿題や思い出にもぴったりです。

ということで今回は「メッツァで開催される『Nordic Sky プラネタリウムスペース』」の場所や値段」についてご紹介します。

大平さんも参加する「ワークショップ」も開催されます!こんな経験、なかなかないので、子供と一緒に体験してみるのもいいですね!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

メッツァ「プラネタリウムスペース」場所や入場料の概要

最初に~星降るmetsa~「Nordic Sky プラネタリウムスペース」の概要についてご紹介します。

開催期間 2019/7/20(土)~9/1(日)
時間 12:00-20:00 (最終受付 19:00)
会場 メッツァホール(メッツァビレッジ)
参加費 ・おとな(大学生以上):

平日1,000円(税込)/人
土日祝 1,500円(税込)/人
※お盆期間含む

・こども(小学生~高校生):

平日土日祝 一律500円(税込)/人
※小学生未満(未就学児)は無料

上映時間 約30分(入れ替え制ではない)

メッツァビレッジ「プラネタリウムスペース」のチケット購入場所

メッツァビレッジ自体は入場無料ですが、プラネタリウムスペースに入るには、入場料金が必要になります。

チケットの購入は、メッツァホールの入り口に設置した販売機で購入してくださいね。

ちなみにメッツァホールは、メッツァビレッジからムーミンバレーパークに行く道沿いの左側にありますよ。

スポンサーリンク

メッツァビレッジ「プラネタリウムスペース」の内容は?

メッツァビレッジに、夏の期間限定でオープンするプラネタリウムは、一般的なプラネタリウムとは全く違ったスタイルで見ることができます。

ここではなんと!

ソファーやいす、さらにはハンモックに寝っ転がって、部屋中に投影される無数の星を見ることができます。

いや~、想像しただけで楽しそう!

投影される映像は、実際にフィンランドとスウェーデン現地で撮影を行い、初公開となる映像を使ったオリジナルコンテンツを上映します。BGMには北欧のミュージシャンを起用したミュージックを合わせています。

撮影した季節は、秋から冬の北欧の夜空。雪が舞う様子やオーロラも見ることができます。夏に冬の風景が見られるのも、なかなか面白いですね。

少しは涼しい気分になるかも!?

投影時間は約30分。

プラネタリウムは入れ替え制ではなく、常時映像を流しているので、好きな時に入って好きな時に出ることができます。

これなら、小さな子供がいる家族でも、周りを気にすることなく楽しめますね♪
1000万個の星が輝く北欧の夜空を、埼玉県飯能市で見ることができますよ♪

「MEGASTAR-II (メガスター・ツー)」って?

出典:メッツァビレッジ

今回、「Nordic Sky プラネタリウムスペース」で使用される「MEGASTAR-II (メガスター・ツー)」は、かなりすごい投影機らしいです。

ちなみに、この「MEGASTAR-II (メガスター・ツー)」は現在4基あるそうで、3基は大平技研が保有、もう一つは日本科学未来館に設置されていています。

なお、日本科学未来館の「MEGASTAR-II (メガスター・ツー)」は、「世界で最も先進的なプラネタリウム投影機」としてギネスワールドレコーズにも認定されています!

これはすごい!

メッツァのプラネタリウムに投影される映像は、この超高精細な星空を投影できる移動型光学式プラネタリウムシリーズ「MEGASTAR-II (メガスター・ツー)」を使った、先進的なプラネタリウムということですね。

そんなすばらしい投影機を使ったプラネタリウムが見られるなんて、これはかなりすごい企画です!

この機会に、ぜひ先進的なプラネタリウムを見てくださいね。

スポンサーリンク

プラネタリウム・クリエーター大平 貴之氏とワークショップを体験

そんな素晴らしいプラネタリウム投影機を作った大平さんと一緒に過ごすことができるワークショップが2日間、開催されます!

大平さんと一緒に、「ピンホール式プラネタリウム」を作るというワークショップです。

「ピンホール式プラネタリウム(学研プラス:大人の科学マガジンシリーズ)」とは、数万個の星の位置を正確に再現して投影し、天の川まで鑑賞できる本格的なプラネタリウムのこと。

こんな機会はめったにないので、興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。

開催期間 2019年8月17日(土)、31日(土)
時間 17:00~19:00
会場 クラフトビブリオテック
参加費 おとな(中学生以上)

小学生(+同伴者1名):¥4,000(税込)

※現在すでに完売しています。

【大人の科学マガジン】ピンホール式プラネタリウム作り

出典:メッツァビレッジ

こちらは大平さんと一緒ではありませんが、大平さんと一緒に作る予定の「【大人の科学マガジン】ピンホール式プラネタリウム作り」を体験することができます。

数万個の星の位置を正確に再現して投影し、天の川まで鑑賞できる本格的なプラネタリウムを作って、自分の部屋に投影するとオシャレですね!

夏休みの子供の宿題や自由研究にもピッタリですよ。

開催日は計5日間。
どれも土曜日だけの開催で先着6名様です。

希望する人は早めにメッツァビレッジに行ったほうがいいかもしれませんね。

※作成はせず、キッドだけの購入も可

開催期間 2019/7/20(土)、7/27(土)、8/3(土)、8/10(土)、8/24(土)
時間 17:00~19:00(最終受付18:00)
会場 クラフトビブリオテック
参加費 ¥3,500(税込)/キットのみご購入¥3,218(税込)
定員 先着6名

<ワークショップ> 12星座の缶バッジ

出典:メッツァビレッジ

子供が小さいし、プラネタリウムはちょっとまだ難しい・・・という人は、12星座の缶バッジのワークショップはいかがですか?

缶バッジといっても、内容は本格的!

12星座のデザインは、欧州宇宙機関/ESA(European Space Agency)が2018年に公開した最新の恒星データ(GAIA-DR2)を使い、ち密な星空をコンピュータ上で再現した星空画像をもとに用意したもの。

サイズは小と大の2種類。

その辺で買える缶バッジとは、一味も二味も違いますよ。

星や空好きの子供と一緒に、ぜひどうぞ。

開催日 期間中連日開催 7月20日(土)~9月1日(日)
時間 0:00〜19:00(最終受付18:00)
※土曜日のみ10:00~17:00(最終受付16:00)
料金 小 300円(税込)、大 500円(税込)
会場 クラフトビブリオテック
参加費 小1個:¥300円(税込)/大1個:¥500(税込)

スポンサーリンク

メッツァにプラネタリウムがオープン!入場料や開催期間まとめ

以上、夏限定のメッツァのプラネタリウムについてご紹介しました。

大平さんのプラネタリウム、ぜひ見てみたいですね!

夏休みはぜひメッツァビレッジに足を運んでみてくださいね。






スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ

☆最後までお読み頂きありがとうございます☆
「役に立った」「面白い」と思ったら、ぜひ当サイトをシェアしてくださいね。

シェアしてね♪

フォローする

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ