アニメムーミンのキャラクター・声優一覧を一挙ご紹介 驚愕の声優陣!まさかのあの人も?!

昭和の時代から現在まで、広く愛されて続けるムーミン。ムーミンが初めてテレビアニメとして登場したのは1969年です。

それから約50年、年代とともに、ムーミンキャラクターの声優も入れ替わりが行われています。

今回は、テレビアニメの歴代ムーミンキャラクターの声優を、年代別に一挙ご紹介!あの有名アニメキャラクターとムーミンキャラクターが同じ声優?!など、意外な発見もありますよ。

ムーミンキャラクター声優 テレビアニメムーミンシリーズについて

声優をご紹介する前に、ムーミンのテレビアニメについて少しご紹介します。

ムーミンのテレビアニメは1969年・1972年・1990年・1991年の4つに分けることができます。

1969年と1972年はフジテレビ系列の「カルピスまんが劇場」(のちの「世界名作劇場」)で放送され、題名は「ムーミン」です。

1990年・1991年はテレビ東京系列で放送され、原作者のトーベ・ヤンソン、一番下の弟ラルス・ヤンソン(ラッセ・ヤンソン)も制作にかかわり、題名は「楽しいムーミン一家」となっています。

ちなみに1969年版・1972年版「ムーミン」は、原画よりも丸みを帯びた可愛らしいイメージで子どもに人気がありましたが、原作者トーベ・ヤンソンから「これは私のムーミンではない!」とクレームがあり、現在では放送出来なくなっています。

ムーミンキャラクター声優 ムーミン(ムーミントロール)歴代声優

アニメムーミン 声優一覧 ムーミンファンのための情報サイト

出典:ムーミン公式サイト

ムーミン(ムーミントロール)は、「ムーミン」の主人公で好奇心旺盛な男の子です。ムーミン谷のムーミン屋敷で家族とともに生活をしていますが、冬になると冬眠します。

ムーミンのその容姿から「カバ」と思っている人が多いですが、実はカバではありません(笑)なんと妖精なんですよ。

岸田今日子:1969年版/1972年版

【岸田今日子】:(きしだ きょうこ、1930年4月29日 生まれ/2006年12月17日没)日本の女優、声優、童話作家

岸田さんの声は独特です。一度聞くと忘れられない、個性的で魅力的な声がムーミンにピッタリ!ムーミンといえば岸田今日子さんと言われるくらい、はまり役でした。

ドラえもんの大山のぶ代さんのように、ドラえもんといえば大山のぶ代さん!と言われるのと同じですね。(水田わさびさんの声も、ドラえもんにピッタリはまってます!)

1954年に同じ文学座の俳優・中谷昇と結婚・長女を出産しましたが、夫とのすれ違いにより離婚。その後、娘に自分の仕事を理解してもらいたいという思いから、アニメ「ムーミン」の声優を引き受けたそうです。

ムーミンの声優がきっかけとなり、その個性的な話し方や声質で、ナレーションやドキュメンタリーの仕事にも多く起用されるようになりました。

また、一度見ると忘れられない個性派女優として、映画・テレビ・舞台と大活躍されました。有名な、金田一耕助シリーズの「犬神家の一族」にも出演しています。

残念ながら2006年にお亡くなりになりましたが、その存在は唯一無二の存在として、現在でも若手の女優の目標として名前が上がる存在です。

高山みなみ:1990年版/1991年版

【高山みなみ】:(たかやま みなみ 1964年5月5日 生まれ )日本の女性声優、歌手、作曲家、ナレーター

高山みなみさんは日本を代表する声優の一人で、1990年版からムーミンの声を担当し、「ミスター味っ子」の味吉陽一役がデビューとされています。

その後は、宮崎駿監督のジブリ映画「魔女の宅急便」で主人公キキとウルスラの声を担当、その他の主役声優としてNHK総合テレビ放送の「忍たま乱太郎」の猪名寺乱太郎役、「名探偵コナン」の江戸川コナン役など、少年の声を中心に活躍しています。

ちなみに2005年に、名探偵コナンの原作者・青山 剛昌さんと結婚し2007年には離婚されていますが、その後もコナンの声優を担当されているので、良好な関係を築いているようです。





ムーミンキャラクター声優 ムーミンパパ歴代声優

アニメムーミン 声優一覧 ムーミンファンのための情報サイト

ムーミンパパは、ムーミントロールの父親で、冒険癖があり自由を追い求めて生きています。一方で、家族を愛し、家族を守ろうとする正義感も持ち合わせる優しいパパです。

家族を愛しながらも自己中心的な面もあり、一家がパパに振り回されることもしばしば。家族にいるとちょっと迷惑なパパですが、そんなパパにもある秘密があるんです・・・。

高木均 1969年版/1972年版

【高木均】:(たかぎ ひとし 1925年2月26日生まれ /2004年2月11日没)日本の男性俳優、声優、ナレーター

1949年に文学座に入団。その後、劇団仲間を経て劇団雲に入団。アニメ「ムーミン」のムーミンパパ以外では、ジブリ映画「となりのトトロ」のトトロ役として活躍しました。

「徹子の部屋」に出演した際に、初めて顔出しで「トトロ」の声を披露しました。

残念ながら2004年に、虚血性心不全によりお亡くなりになりました。

大塚明夫 1990年版/1991年版

【大塚 明夫】:(おおつか あきお 1959年11月24日生まれ )日本の男性声優、ナレーター、俳優

女性に振られたことがきっかけで役者を志し、井上ひさし主催のこまつ座に入りますが、生活が苦しく、声優だった父・大塚周夫から声優の仕事を紹介され、そのまま声優の仕事を続けています。

ちなみに父親の大塚周夫さんは、「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男の声などを担当していました。

ムーミンパパの声優など、アニメ声優としても活躍されていますが、洋画の吹き替えも多く「スティーブン・セガール」の専属担当をしています。他にもニコラス・ケイジやデンゼル・ワシントンなどそうそうたるハリウッド俳優の声優も勤めています。また、アーノルド・シュワルツェネッガーやシルヴェスター・スタローンの声も担当したことがあります。




ムーミンキャラクター声優 ムーミンママ歴代声優

アニメムーミン 声優一覧 ムーミンファンのための情報サイト

ムーミンママは、ムーミンの母親です。ハンドバッグとエプロンがトレードマーク。命の次に大事なハンドバッグは、寝る時も料理するときも肌身離さず持ち歩き、中身は意外な「あれ」が入っているんですよ。

ママのハンドバッグの中身とエプロンの秘密はこちら。ムーミンママの名言集!バッグの中身とエプロンの秘密とは?

高村章子 1969年版/1972年版

【高村 章子】:(たかむら あきこ 本名:巧刃 章子 1922年11月9日生まれ 2012年6月27日没)日本の女優、声優

以前は文学座に所属しており、ムーミンママの他にはタイムボカンや「ドラえもん」ののび太のおばあちゃん役、洋画の吹き替えでは「奥さまは魔女」「刑事コロンボシリーズ」などを担当しています。

2012年にお亡くなりになっています。

谷育子 1990年版/1991年版

【谷 育子】:(たに いくこ 本名:谷 淳子 1939年4月9日生まれ )日本の声優、女優、ナレーター

1960年に映画「武器なき戦い」でデビュー後、劇団俳優座に入団し、1980年にマウスプロ―モーションに所属。

楽しいムーミン一家のムーミンママ以外では、「NARUTO -ナルト- 疾風伝」のチヨ役、「スポンジ・ボブ」のパトリック・スター役、またサザエさんでは、麻生美代子さんの代役で磯野フネを担当したこともあります。

洋画の吹き替えが多く、有名なところでは「ハリーポッター」のミネルバ・マクゴガナル先生役の、マギー・スミスの吹き替えをすべて担当しています。




ムーミンキャラクター声優 スナフキン歴代声優

アニメムーミン 声優一覧 ムーミンファンのための情報サイト

スナフキンは、ムーミンキャラクターの中で、唯一のイケメンキャラです。自由と孤独を愛す旅人です。ムーミントロールの大親友で、ムーミン達が冬眠をしている間、南へと旅立ち、春になるとまたムーミン谷に戻ってきます。

スナフキンですが、実はリトルミイの弟なんです!あの口うるさいミイ(ミー)と物静かなスナフキンが兄弟なんて!実はそこには、スナフキンの知られざる秘密があるんです・・・。

西本裕行 1969年版/1972年版

【西本裕行】:(にしもと ひろゆき 1927年1月3日生まれ/2015年4月19日没)日本の男性俳優、声優

文学座・劇団雲・劇団昴に所属し舞台を中心に活躍しました。

「ムーミン」のスナフキン以外では、俳優として「太陽にほえろ」や「特捜最前線」、「Gメン’75」など刑事ドラマに数多く出演しました。

また、ディズニーアニメの吹き替えを多く担当しています。

残念ながら、2015年に急性大動脈解離によりお亡くなりになっています。

子安武人 1990年版/1991年版

【子安武人】:(こやす たけひと 1967年5月5日生まれ)日本の声優・ナレーター

子安さんは、日本を代表する声優の一人です。「楽しいムーミン一家」のスナフキン以外では、「新世紀エヴァンゲリオン」の青葉シゲル役、「ケロロ軍曹」のクルル曹長、ボボボーボ・ボーボボ(ボボボーボ・ボーボボ)など、とにかくたくさんのアニメを担当しています。

またガンダムシリーズにも多数出演しています。

イケメンなキャラから変態キャラ?まで幅広く活躍する子安さんには、熱狂的なファンも多く、その人気の高さを伺うことができます。





ムーミンキャラクター声優 リトルミイ(ミー・ミイ) 歴代声優

アニメムーミン 声優一覧 ムーミンファンのための情報サイト

アニメのミイは、ムーミンの半分くらいの大きさで描かれていますが、原作ではとても小さく、裁縫道具に入るくらいの大きさです。

兄弟が35人もいて、その中にはミムラねえさんやスナフキンもいます。

怒りっぽくてオブラートに包まない言い方はなかなかキツイですが、言っていることは的を得ています。意地悪なこともありますが、根はやさしくて頭が良く、心に刺さる名言が多いのもミイです。

ミイの、ぐうの音も出ない名言はこちら。
リトルミイの心に響く名言集!驚きの兄弟は年齢は?

堀絢子 1969年版/1972年版

【堀絢子】(ほり じゅんこ 1942年2月2日生まれ)日本の声優・舞台女優

最初の声の仕事は、ラジオ関東(現TBSラジオ)「マチネ劇場」の朗読劇。ムーミンのミイ外では、「新オバケのQ太郎」のQ太郎役、「忍者ハットリくん」のハットリカンゾウ役、「トムとジェリー」のジェリー役など、なじみの深いアニメに多く出演しています。

また、一部の番組や舞台女優として活動する以外は、キャラクターのイメージを崩すということで、顔出し出演はしない方針です。

佐久間レイ 1990年版/1991年版

【佐久間レイ】:(さくま れい、1965年1月5日 生まれ )日本の声優・女優・歌手・ナレーター

視聴者参加型のオーディション番組「スター誕生!」で合格し、その後同番組の決勝大会で中森明菜に敗れるという経歴があります。これがきっかけでNHKの番組「レッツゴーヤング」で芸能界デビューを果たします。

その後声優をメインに活躍。リトルミイ以外では、「お願いマイメロディ」のマイメロディ役、ジブリ映画「魔女の宅急便」のジジ役、「らんま1/2」のシャンプー役、「それいけ!アンパンマン」のバタコさん役、NHKの料理番組「きょうの料理ビギナーズ」の高木ハツ江役など、小さな子どもの声から、おばあさんの声まで幅広く演じられる声優です。




ムーミンキャラクター声優 スニフ歴代声優

アニメムーミン 声優一覧 ムーミンファンのための情報サイト

出典:ムーミン公式サイト

実はスニフはムーミン童話の第一作から登場し、しかもムーミンとムーミンママの次に登場する重要なキャラクターです。

スニフは意気地がなく、弱虫で臆病な性格。わがままですぐに弱音を吐きます。またきらきら光る物や金目の物には目がありません。

ちょっとネガティブで姑息なところもあるスニフですが、スニフは重要な役割があるんです。

富田 耕生 1969年版/1972年版

【富田 耕生】:(とみた こうせい 1936年2月4日生まれ )日本の声優・俳優・ナレーター

手塚治虫のアニメに出てくる、ヒゲオヤジ役を担当。また、日本テレビ版「ドラえもん」の初代ドラえもんの声を担当しています。

赤塚不二夫アニメにも多く出演しており、「天才バカボン」のバカボンのパパを担当、また2014年からは、死去した永井一郎さんに代わって「探偵コナン」の鈴木次郎吉役も担当しています、

意外なところでは、東京ディズニーランドの「ビッグサンダー・マウンテン」の乗り場案内のナレーションをしています。

中尾 隆聖 1990年版/1991年版

【中尾 隆聖】:(なかお りゅうせい、1951年2月5日生まれ )日本の声優・俳優・ナレーター・歌手・演出家

3歳の時に劇団ひまわりに入団、5歳でラジオドラマ「フクちゃん」でデビューし、中学のときに一人暮らしを始める。

中尾さんの代表作として挙げられるのは、「それいけ!アンパンマン」のばいきんまんです。あの独特なしゃがれた声は誰にもまねできません。他にもNHK教育番組「おかあさんといっしょ」の中の「にこにこぷん」のぽろり、「ドレミファ・ドーナッツ」のれっしー、「ドラゴンボールZ」のフリーザなど、数多くの作品に出演されています。





ムーミンキャラクター声優 ノンノン・フローレン歴代声優

トーベ・ヤンソンがかいた原作では、「スノークのお嬢さん」としか呼び名がありません。しかしアニメでは、1969年・1972年版はノンノン、1990年・1991年版はフローレンという名前が付けられています。

スノークのお嬢さんは、ムーミンたちと似ていますが種族が違い、ムーミン達は「ムーミン族」スノークのお嬢さんは「スノーク族」です。

ムーミンのガールフレンドですが、小説やコミックスではちょっぴりナルシストで他の男性に好意を持ったりします。アニメでは優しくて可愛らしい女の子です。

武藤礼子 1969年版/1972年版 (ノンノン)

【武藤 礼子】:(むとう れいこ 1935年3月1日生まれ/ 2006年10月29日没)日本の女優、声優、ナレーター

声優としては洋画の吹き替えの仕事が多く、エリザベス・テイラーやジュリー・アンドリュースなどを担当しています。

アニメではムーミンのノンノン以外では、「ふしぎなメルモ」のメルモ、「フランダースの犬」のナレーションなどを担当しています。

かないみか 1990年版/1991年版(フローレン)

【かない みか】:(1964年3月18日生まれ)日本の女性声優・歌手

父親は劇団青年座のプロデューサーを務めた金井彰久、母親は声優の田上和枝の芸能一家。

ムーミンのフローレン以外では、「それいけ!アンパンマン」のメロンパンナ、「はれときどきぶた」のはれぶた、NHK教育番組「パッコロリン」のコロンなど、少女や動物系の声優として有名です。

ちなみに同じアンパンマン声優の山寺宏一さん(チーズ役)とは、1993年に結婚し2006年に離婚しています。




ムーミンキャラクター声優 スノーク 歴代声優

スノークはスノークのお嬢さんの兄です。アニメと違い、小説では「たのしいムーミン一家」以降、登場しません。

広川太一郎 1969年版/1972年版

【広川 太一郎】:(ひろかわ たいちろう 1939年2月15日生まれ/2008年3月3日没)日本の俳優、声優、ナレーター、司会者、ラジオDJ

父親は映画会社のカメラマンで、子供のころ映画に出演しています。大学卒業後、どこのプロダクションにも所属せず、生涯フリーを貫きました。

1960年代より声優の仕事を始め、ムーミンのスノーク以外では「宇宙戦艦ヤマト」の古代守、「名探偵ホームズ」のホームズなどがあります。

渋い2枚目役からアニメのキャラクター役まで、さまざまな声色を変えることができ、全く違った印象を与えることができる、高い技術力を持っていることで有名です。

また、アドリブかと思わせる独特な言い回し(実は台本通り)は、「アドリブの天才」との異名も。声優のほかにも、テレビ番組の司会やタレント活動も行っていました。

残念ながら、2008年にガンで亡くなられています。

平田康之 1990年版/1991年版

【平田 康之】:(ひらた やすゆき 1958年1月4日生まれ)日本の男性俳優

「楽しいムーミン一家」のスノーク以外では、テレビドラマ「相棒シリーズ」や「はぐれ刑事純情派」など、俳優としても活躍しています。





ムーミンキャラクター声優 ヘムレン歴代声優

ヘムレンとは「このヘムル」という意味で、ヘムル族の特定ではない一人をさす言葉です。小説では「ヘムレンさん」が何人か出てきますが、同じ「ヘムレンさん」の場合もあれば、全く別人の「ヘムレンさん」の場合もあります。

雨森雅司 1969年版/1972年版

【雨森 雅司】:(あめのもり まさし 1930年7月24日生まれ/1984年4月9日没)日本の男性俳優・声優

ムーミンのヘムレン以外では、「天才バカボン」「元祖天才バカボン」のバカボンのパパが有名です。原作者の赤塚不二夫さんは、雨森さんが演じるバカボンのパパが気にいっていて、「雨森さんを変えないでほしい」と希望していました。

他にも、悪役や脇役など数多くの作品に出演しています。

1984年、肝硬変のため53歳の若さでお亡くなりになりました。

矢田稔 1990年版/1991年版

【矢田 稔】:(やだ みのる、1931年4月27日 生まれ )日本の男性俳優・声優・ナレーター・童謡歌手・元子役

鉄人28号で声優デビューし、数々の有名アニメの声優に出演。テレビドラマでは「太陽にほえろ」など、俳優としても数多くの作品に出演し活躍されています。




ムーミンキャラクター声優 スティンキー歴代声優

アニメムーミン 声優一覧 ムーミンファンのための情報サイト

真っ黒で毛むくじゃらの、見るからに悪人顔のスティンキー。基本的には悪者で、窃盗や詐欺まがいのことを行いますが、困っているムーミン達を助けてくれることもあります。

こんな悪役キャラクターですが、実はとても人気がありグッズもたくさん売られています。

ちなみにスティンキーとムーミンママってただならぬ関係なんですよ(笑)

大塚 周夫 1969年版/1972年版

【大塚 周夫】:(おおつか ちかお 1929年7月5日生まれ/2015年1月15日)は、日本の声優・俳優・ナレーター

36歳の時に劇団に入団。中学時代のボクシングの経験やジャズダンスの経験などの運動神経を生かして、アクション映画の悪役が多くくるようになりました。特に大御所、丹波哲郎に気に入られ、丹波本人から出演の依頼がくることも。

アニメの声優としては、「ルパン三世」の初代・石川五エ門、「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男、「ガンバの冒険」のノロイなどが有名です。

なお、1990年/1991年のムーミンパパを担当した大塚明夫は、大塚周夫の息子です。作品は違いますが、親子でムーミンの声優を担当しているなんてステキですね。

丸山裕子 1990年版/1991年版

【丸山 裕子】(まるやま ひろこ 本名:峰 裕子(みね ひろこ)1946年10月22日生まれ)日本の女優・声優

「楽しいムーミン一家」のスティンキー以外では、「はじめギャートルズ」のゴン、「キャプテン翼」の石橋了などがあります。

また、小原乃梨子の声に似ているところがあるとの理由で、「ドラえもん」ののび太の代役や「アルプスの少女ハイジ」のペーターをしたこともあります。





ムーミンキャラクター声優 ミムラ姉さん歴代声優

アニメムーミン 声優一覧 ムーミンファンのための情報サイト

ミムラ夫人の長女で、ミイとスナフキンのお姉さんになります。コミックスでは、ロマンティックでほれやすい性格として描かれています。

髪がキレイで、そのことが自慢でもあります。キャラクターとして描かれるときは、ミイと違い目が大きく丸く、少女漫画のような目が描かれることが多いです。

荘司美代子 1969年版/1972年版

【莊司 美代子】:(しょうじ みよこ 1936年7月12日 生まれ )日本の女優・声優

ムーミンのミムラねえさん以外では、「おじゃまんが山田くん」や「ポケットモンスター」、「NANA」などさまざまな役で出演しています。

他にも、洋画の吹き替えやトムとジェリーにも出演しています。

小林優子 1990年版/1991年版

【小林 優子】:(こばやし ゆうこ、1961年2月6日生まれ )日本の女優・声優・ナレーター

デビューは「ときめきトゥナイト」のかえで役でした。他には「one-piece」のニコ・ロビンの代役や、「天地無用!」の白眉鷲羽役などがあります。

アニメだけでなく、洋画「アダムス・ファミリー」のウェンズデー役などの吹き替えも担当しています。

2度の結婚と1度の離婚歴があり、現在の夫は同じく声優の星野充昭です。

ムーミンキャラクターなら、こちらも一緒にどうぞ。

ムーミンのミムラねえさんがかわいくてオシャレ!女優ミムラとの関係は?

スナフキンの声優は?イケメン性格やムーミン・ミイとの関係は?

ムーミン・スティンキーは超臭いってホント?性格やおすすめグッズも紹介!

ムーミンのニョロニョロの正体は怖い?名前の意味は?秘密の行動も公開!

さいごに

意外なアニメキャラクターとムーミンキャラクターが同じ声優だったりしましたね。
声優さんのイメージで、そのキャラクターのイメージが決まってしまうといっても過言ではありません。

これからアニメムーミンを見る時は、この声とあのアニメのキャラクターは同じだなと考えながら見ると、また違った楽しみ方ができますよ。






スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ

☆最後までお読み頂きありがとうございます☆
「役に立った」「面白い」と思ったら、ぜひ当サイトをシェアしてくださいね。

シェアしてね♪

フォローする

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ