メッツァビレッジ

メッツァビレッジの基本情報をすべてまとめました。

営業時間・アクセス方法・駐車場・ショップなど、この記事でメッツァビレッジ情報を予習して行きましょう!

メッツァビレッジ基本情報 メッツァビレッジとは?

メッツァビレッジは、埼玉県飯能市にできた北欧のライフスタイルを体験できる、新しい施設&公園です。

そもそもメッツァビレッジは、メッツァの一部です。

メッツァは

・メッツァビレッジ

・ムーミンバレーパーク

の2つのエリアに分かれています。

メッツァビレッジは、北欧をイメージした自然豊かな大きな公園。ここでは小さな子供連れのファミリー、仲のよい友達やカップルなど、それぞれのスタイルに合わせて思い思いに楽しむことができます。

また、北欧から直輸入した雑貨やグッズ、北欧の料理やスイーツを楽しめるテナントやレストラン、ショップが入った施設もあり、ショッピングやグルメも堪能できます!

その他にもカヌー体験やワークショップなど、自然と触れ合いながらいろいろな体験ができアクティビティーも充実。

子供も大人も、1日中たっぷり遊んで、たっぷり食べて、お腹も心も満たされる埼玉の新しい定番スポットです!




メッツァビレッジ基本情報 コンセプトと指針

メッツァビレッジでは、下記のコンセプトと指針を掲げ、訪れた人が何かを発見・体験できるようにという願いを込めています。

メッツァビレッジのコンセプトと指針を理解して訪れると、いっそうメッツァビレッジを楽しめますよ。

6つのコンセプト

【6つの体感価値】
「訪れた方それぞれが”本質的な豊かさ”を見つけていただけるように」体験価値を用意

<6つの体感価値>

◎挑戦:いつもと違うことへの挑戦。困難を乗り越え、達成する喜び

◎創造:自らの手でものをつくる。工夫する楽しさを味わう

◎共有:家族や仲間と協力し、助け合う。よろこびやかんどうを分かち合う。

◎開放:心も体も解き放ち、リラックスする。自由になる。素の自分になる。

◎探究:よく観察し、いろいろな答えを出す。先入観を持たず問いかけてみる。

◎想像:自由に想像を膨らませる。アイデアを無限に広げてみる。

3つの指針

「普段の生活では気付きにくい、学びや気づき、楽しさの体験」できるように指針に基づいて設計

<3つの指針>

◎五感を刺激する

湖畔で味わう心地よさ・足の裏で感じる根っこの力強さを感じられる体験を用意。体中に眠っている感覚が一斉に目覚め出すような仕掛けを用意。

◎積み重ねが意味を持つ
少しずつ積み重ねて、大きな成果を手に入れる喜びと感動を用意。何度でも訪れたくなく体験に満ちている

◎人それぞれの答えがある
決まった答えを用意するのではなく、訪れた人それぞれが、それぞれの答えを見つけるという考えのもと、様々な体験ができるプログラムを用意




メッツァビレッジ基本情報 ロゴ

「メッツァビレッジ」のロゴは、森の中に広がるマーケットなどをイメージして作られています。

森を表現する「木」とマーケットを表す「家」のデザイン。シンプルですが、このロゴの中にメッツァビレッジの思いや願いが込められているのがわかりますね(^^

ちなみにメッツァビレッジのロゴは、ムーミンの物語の原作者トーベ・ヤンソンの姪ソフィア・ヤンソンの息子ジェイムス・ザンブラーが在籍する、フィンランドのクリエイティブエージェンシー「Kobra Agency」が制作しています。

ジェームス・ザンブラー氏は姪孫ですので、トーベ・ヤンソンの血縁であるヤンソンファミリーの一人になります。

ムーミンキャラクターズ社の役員でもあるんですよ。この方↓

さらに、ヘルシンキをベースにしたデザインスタジオであるコブラ・エージェンシーの創立者の一人でもあります。

トーベ・ヤンソンの姪孫だけあって、ムーミンとの関係が深いんですね!デザイナーとしての才能もあって、しかもかっこいいです(^^

ロゴについての詳細をチェック!




メッツァビレッジ基本情報 場所(住所)

メッツァビレッジの住所はこちら。

住所:〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327‐6 メッツァ

※車のナビ設定は、〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢27-1




メッツァビレッジ基本情報 営業時間

open(開園) close(閉園)
平日 10:00 21:00
土日祝日 10:00 21:00

※Market hall マーケット棟の営業時間は10:00〜20:00となります。

※イベント等により、変更になる場合あり。

※臨時休業やメンテナンスにより施設の営業時間の変更等がある場合は、メッツァビレッジ公式HPに掲載

メッツァビレッジ基本情報 入場料

メッツァビレッジの入場料は無料です。

公園感覚で、メッツァビレッジを訪れてみてくださいね♪

メッツァビレッジ基本情報 施設

メッツァビレッジの建物・施設をご紹介します。

Market hall(マーケットホール・マーケット棟)

マーケットホール(マーケット棟)は、ショッピングを楽しめる2階建ての建物です。

1Fは、埼玉県産の名産品や食材を集めたショップや、北欧で人気のスムージーやカフェ・スイーツが楽しめるカフェ&食品フロアです。

2Fは、北欧から直輸入の雑貨やインテリア、食器などが揃う北欧ブランドセレクトショップフロアとなっています。

Viking hall(ヴァイキングホール・レストラン棟)

ヴァイキングホールは、北欧風料理が楽しめるレストランや北欧で人気のカフェ、また日本のラーメン店やスイーツなどが楽しめる食事ができる2階建ての建物です。

ホールの名前の「ヴァイキング」は、略奪だけでなく交易も行っていた北欧の海賊から由来。活気あふれるマーケットがコンセプトで、約10店舗の飲食店が並ぶ 2 階建ての施設です。

宮沢湖側に開放的なテラスでは、森と湖でかこまれた自然豊かな空間と気持ちいい風を感じながら、テイクアウトしたカフェメニュー等を楽しむことができます!

マーケット棟とつながっているので、ショッピングを楽しんだ後、レストラン棟でゆっくり食事をするのもいいですね(^^

マーケットホール・レストラン棟の詳細はこちら

P apartment(ピー アパートメント) カフェ&雑貨

宮沢湖の湖畔に建つひときわ目を引くブルーの建物。店舗の中には、作り手(People)の想いが詰まったグッズ(Product)がぎっしり!

多くの来場者にとって、お気に入りの一品に出会うことができる場所になりそうですね。

ここでは、世界初の北欧の食器ブランドで提供する「北欧コンセプトカフェ」が入ります。11/28(水)オープンですのでお楽しみに♪

世界初!北欧コンセプトカフェ・ノルディックスの詳細はこちら

Metsa hall(メッツァホール)イベント・催事スペース

メッツァホールは、さまざまなイベントや祭事が行われるマルチスペースです。

期間限定イベントやポップアップストア、地域イベント、貸し切りのパーティーなど、様々なイベントで活用できます。

メッツァビレッジオープン時には、クリスマスマーケットが行われています。今後も楽しいイベントが企画される予定です。




Craft bibliotek(ビブリオテック)ワークショップ・ラーニングスペース

ビブリオテックとは、スウェーデン語、デンマーク語、ノルウェー語で「ライブラリ」のこと。

北欧では、年齢に関係なく生涯に渡って様々なことをび続ける「生涯学習」が盛んなんです。

学びや知の象徴でもある「ライブラリ」とものづくりの「クラフト」をかけあわせて、ワークショップ・ラーニング施設を「クラフト ビブリオテック」と名付けました。

ここでは、ものづくりやアートを通して「学びの場」を提供します。

ビプリオテックでは、連日さまざまなワークショップが行われます。メッツァビレッジで作るモノ作り体験はほんとに楽しいので、訪れた際はぜひ参加してみてくださいね!

メッツァビレッジのワークショップの詳細はこちら

Laituri(ライトゥリ) ボート乗り場・桟橋

Laituri(ライトゥリ)とは、フィンランド語で「桟橋」という意味です。

自分で作ったカヌーやレンタルボートで、宮沢湖で遊べるなんてステキです!豊かな自然に囲まれた湖面での遊びは、リフレッシュにも最適!親子でアウトドアを楽しむのもいいですね。

Nordic Square(ノルディック スクエア) イベント広場

ムーミンテーマパーク メッツァビレッジ オープン日決定 アクセス 場所 施設内容

出典:フィンテック グローバル株式会社

イベント広場では、季節毎のイベントや地域と連携したイベントなどが開催されます。

人々の休息の場でもあり、多くの交流が生まれるパブリックスペース。何もない時は、ステキな椅子に座って宮沢湖を眺めたり、レジャーシートを敷いてお弁当を食べたりと、ゆったりと流れる北欧時間を楽しむことができます。

たくさんの人が気軽に、そして思い思いに楽しめる場所になっていますよ。




メッツァビレッジ基本情報 テナント(フード)

メッツァビレッジでは、北欧の輸入雑貨やフード、埼玉県産の特産品を購入することができます。日本初出店のお店や、ここでしか手に入らない商品もありますよ。

Moi Saitama(地域物産)

マーケットホールの1階にある、埼玉県西部地区を中心に展開している丸広百貨店がプロデュースする、埼玉県産をセレクトしたお店です。

ここでは、お土産ぴったりの埼玉県産のお菓子や漬物、地酒やお茶といった厳選された商品がずらりと並んでいます。

料金 狭山茶の菓子400円~など
ジャンル フード
URL http://www.maruhiro.co.jp/
備考 飯能市の名産物コーナーや食のイベントを定期的に開催します
場所 マーケットホール1F

metsä cafe カフェ

「メッツァビレッジ」のカラーをイメージした、「メッツァ」オフィシャルのカフェです。

メッツァカフェは、メッツァビレッジに入ってすぐの建物、マーケットホールの1階にあります。

このメッツァカフェは、メッツァのオフィシャルカフェになっていて、ちょっと休憩したいときにピッタリです。

メニューは、コーヒーや紅茶などのドリンクや、ホッとドックやサンドイッチといった軽食やケーキなどのスイーツも食べられますよ。

ジャンル フード
場所 マーケットホール1F

ハンバーグの時間 (ごちそうハンバーグ専門店)

子どもから大人までみんな大好きなハンバーグの専門店。豊富なトッピングに選べる12種のソースをご用意。厳選した素材は地産地消にこだわっています。

料金 フード 400 円〜 ドリンク 500 円〜
ジャンル フード
座席 36席
備考 テイクアウトOK
場所 ヴァイキングホール1F




農家が作る tomateria GOTO パスタ&オムライス

「メッツァ」に出店するために開発された、丸ごとトマトを中心にしたメニューがたくさん。

女性が大好きなパスタがメッツァビレッジで食べることができます。埼玉県産の新鮮で味の濃い野菜をたっぷりと食べられるのが嬉しいですね!

契約農家が作る良質なトマト料理をぜひどうぞ♪

料金 フード 580 円〜 ドリンク 500 円〜
座席 26席
ジャンル フード
備考 テイクアウトOK
場所 ヴァイキングホール1F

ONE MORE BITE スイーツ/ソフトクリーム

常設店として初出店となる「ONE MORE BITE」。

多くの受賞歴のある熊本県にある吉井牧場の夢ミルクを使用したソフトクリーム。

この吉井牧場のソフトクリームは、「ソフトクリーム九州グランプリ」でグランプリ金賞を受賞したこともある、とっても美味しいソフトクリームです。

そんなとびっきりおいしいソフトクリームが、メッツァビレッジで食べられます♪

ソフトクリームだけでも美味しいですが、その上に焼き菓子をのせ、さらにトッピングやデコレーションもでき、オリジナルのソフトクリームにもできるんですよ。

焼き菓子は、日本全国の有名なパティシエが監修。メッツァビレッジの散策に疲れたら、美味しいスイーツで休憩しましょう♪

ジャンル フード
場所 ヴァイキングホール1F

SAIBOKU(サイボク)  豚肉・ソーセージグリル

1946年創業の、埼玉県日高市にある「サイボク」。

「saiboku」は、3つの直営牧場と10あまりの牧場を持つ、老舗のお店です。

ここで育てられた豚を使って、ハム・ソーセージなどの製造や販売を行っています。

1999年から出ているDLG(ドイツ農業協会)主催の国際食品品質コンテストでは、金メダル927個受賞(2018年8月現在)するほど。

メッツァビレッジでは、サイボクの銘柄豚である「ゴールデンポーク」、国際食品品質コンテストで多くの金メダルを受賞しているハム・ソーセージをグリルにして食べることができますよ。

料金 500~1,000円位(目安となります)
座席 なし フードコート
ジャンル フード
URL http://www.saiboku.co.jp/
場所 マーケットホール1F

ROBERT’S COFFEE カフェ

1987年にフィンランド・ヘルシンキで創業したコーヒーショップ・ロバーツコーヒー。

メッツァでは、北欧直輸入の焙煎豆を使った様々なドリンクや、焼きたてのシナモンロールなどが食べられますよ(^^

北欧最大のカフェチェーン店、ロバーツコーヒーで、ゆっくりとした時間を過ごしてみませんか。

ロバーツコーヒーは、関東初出店のお店になります。シナモンロ―ルやソルティキャラメルラテ、アイスモカがおすすめですよ♪

料金 300円~
座席 25~30席
ジャンル フード
備考 テイクアウトOK
場所 ヴァイキングホール1F




らーめん AFURI ラーメン

ラーメン阿夫利といえば、麺の種類を選べるラーメン屋さん。

素材にもこだわり、安心・安全・美味しいラーメンを提供するお店です。

水は、丹沢山系東端に位置する大山(阿夫利山)の麓から湧き出る清らかな天然水を使い、いろんな所にこだわった、贅沢な一杯です。

中でも柚子塩ラーメンがおすすめですよ♪

料金 昼/夜 1000円~
座席 18席
ジャンル フード
URL http://afuri.com/
場所 ヴァイキングホール1F

武蔵利休 和スイーツ

手間を惜しまず育て、作り上げた日本3大銘茶の1つ狭山茶と、国内で最も権威のある賞「天皇杯」を受賞し、天皇皇后両陛下やローマ法王へ献上したこともある狭山茶の名店「新井園本店」。

その「新井園本店」が運営する利休だからこそできた贅沢抹茶スイーツをお楽しみいただけます。

中でも、抹茶ラテやほうじ茶ラテがおすすめですよ。

ジャンル フード
場所 マーケットホール1F

biokia smoothie(ビオキア) スーパーベリースムージー

biokia(ビオキア)は、1973年フィンランド北部のスオムサルミという小さな町で設立されました。

フィンランドを含む北欧では、「健康にいいフルーツ」として、ビルベリーやリンゴンベリー、クランベリーといった“スーパーベリー”が注目を集めているそうです。

biokia(ビオキア)の本社がある森のベリーは、厳しい環境の中で育つため、通常のベリーよりも生命力が強く栄養が豊富。

店内にはワイルドベリーを使ったパウダーやジュースなども限定販売していますよ♪

ビオキアのスーパーフードベリーを使った、体にもよくて美味しいスムージーをぜひどうぞ。

料金 スムージー 各680円(税込) 
ワイルドビルベリーパウダー 1382円(税込)
座席 なし
ジャンル フード
URL http://biokia-japan.com
場所 マーケットホール1F




メッツァビレッジ基本情報 テナント(ショップ)

LAAVU ライフスタイルグッズ

北欧の商品を中心に、かわいいグッズやコスメ、日用品などが揃っています。カテゴリーにこだわらず、北欧らしいグッズを取りそろえるおしゃれなセレクトショップ。

こちらは、ソープストーンと言って、28億年前にフィンランドの地で生み出された天然石です。

リラックス効果も高いソープストーンは、マッサージするのもいいですし、インテリアとしてもとってもキュートですよね!

その他にも、フェ―ルラーベンのリュックなども販売されています。

ジャンル ショップ
備考 マーケットホール棟の営業時間に合わせて20時までとなります
場所 マーケットホール1F

GOLLA(ゴーラ) アパレル

マーケットホールの2階にある、フィンランドの「kolla」という町で生まれたGOLLA。

とっても質のいいバッグが勢ぞろいしています。カラーもたくさんあって、どれにしようか迷いますね!

リュックだけでなく、ボストンバッグやトートバッグ、アクセサリーバッグ(ポーチ)なども販売されていますよ。

料金 4,536円~32,400円
ジャンル ショップ
URL https://www.golla.com/
備考 期間限定POP UP(12月30日まで)
場所 マーケットホール2F




北欧雑貨

メッツァビレッジで取り扱う北欧雑貨のブランドをご紹介します。

ジャンル ショップ
場所 マーケットホール2F

<取り扱いブランド>

■北欧雑貨/Denmark mobile デンマークモビール 

デンマークモビールは、古来より北欧の長い冬を楽しく過ごす工夫として親しまれてきたペーパークラフト。

デザインから生産まで一貫してMade in Denmarkにこだわっていて、素材やデザインのバリエーションも豊富。

出産祝いや引っ越し祝い、お部屋の模様替えに最適で,賃貸のお宅でも簡単に設置することができますよ。メッツァビレッジでは、デンマーク直輸入の代表的なモビールブランドを3社紹介します。

■北欧雑貨/Nordic christmas (ノルディック クリスマス)

長い北欧の冬を温めてくれる「ホッと」するインポートクリスマス商品が揃っているショップです。みんな大好きなクリスマスを楽しく彩るグッツやギフトがたくさんありますよ。

北欧雑貨/Nordic Design ノルディックデザイン 

北欧を代表するブランドから日本初上陸の新作ブランドまで、ノルディックライフスタイルに寄り添った機能的でロングライフなデザイン商品が揃っています。

■北欧雑貨 / Finlayson フィンレイソン

フィンレイソンは、1820年に創業された、北欧フィンランド最古のテキスタイルブランドです。

寝装具、ホームテキスタイルを中心とした質の高い商品も取り扱っています。

最近では、日本のメーカーとのコラボレーションがスタート!メッツァでは、本国からの直輸入品はもちろん、日本のメーカーによって新しい命が吹き込まれた、日本の暮らしに馴染むコラボレーションアイテムも展開しています。

■北欧雑貨 / marimekko(マリメッコ)

北欧好きの人なら誰もが知ってる、マリメッコ。

このインパクトのある花のデザインが特徴です。マリメッコの商品は、エプロンや食器、リュックからトートバックまで、いろいろな商品がそろっています。

メッツァビレッジ限定の商品もありますよ。

■北欧雑貨 / ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)

デンマークの国民的ブランド“ロイヤル コペンハーゲン”。

ロイヤルペンハーゲンといえば、コバルトブルーの色合いの手描きの上質なテーブルウェアだが人気ですが、アウトドアやカジュアルに使えるマグやプレートも人気ですよ。

食洗機・電子レンジにも対応です。

メッツァビレッジでは、このステキな北欧ブランド食器を使い、全て北欧ブランド食器で提供する北欧コンセプトカフェがありますよ♪

⇒北欧コンセプトカフェ・ノルディックスの詳細をチェック!

■北欧雑貨 / ARABIA(アラビア)

■北欧雑貨 / iittala(イッタラ)

■北欧雑貨/Nordika nisse ノルディカニッセ

デンマークの妖精“ニッセ”をモチーフに、ハンドメイドで職人の手により丁寧に作り上げられた木製人形ブランドです。

赤い帽子と服がとってもキュート♪

ニッセは、子供や家族を守り、クリスマスにはサンタさんのお手伝いをすると言い伝えられているんですよ。それぞれが異なった表情を持ち、同じ物は世界にふたつとありません。

北欧雑貨 / EERO AARNIO ORIGINALS(エーロ・アールニオ・オリジナルズ)

近代デザインの革新者として知られる、フィンランドを代表する国際的インダストリアルデザイナー、エーロ・アールニオ。

その代表的な家具を、現地より取り寄せ展示しています!

とっても座り心地がよさそうなステキな椅子ですが、触る事はできませんのでご注意くださいね。

数えきれないほど多くの国際的なデザインアワードを受賞し、今でも現役で活躍し MoMA をはじめ多くの美術館で永久所蔵品に選ばれています。




SOPIVA HOKUOU ソピバ・ホクオウ

「SOPIVAソピバ」という店名は、フィンランド語で「ちょうどよい」を意味。

ソピバは「ほんものの北欧」にこだわり、質の高い輸入雑貨を扱うセレクトショップです。北欧の暮らしから、それぞれが自分の「ちょうどよい」をぜひ見つけてみてくださいね♪

料金 227円~31,320円
ジャンル ショップ
URL https://sopiva-hokuou.com/
場所 マーケットホール2F




メッツァビレッジ基本情報 テナント(その他)

Sågverk(ソグベルク) カヌー工房

木のことなら知り尽くしたプロの指導のもと、宮沢湖で遊べるカヌーや家具などの大きなものから、アクセサリーなどの小物まで、丁寧な指導のもと、自分で作る体験ができる場所です。

都会ではなかなか手に触れることのない、木のぬくもりを感じながら、作ることの楽しみを体験できます。こどもの夏休みの工作にもよさそうですね!

ククサという北欧伝統の木製のコップも販売・制作しています。とってもかわいいので、ぜひ手取ってみてくださいね♪

<カヌー体験 料金表>

料金 中学生以上 ¥2,000 / 時間

小学生 ¥1,000 / 時間

小学生未満 ¥ 500 / 時間

ただし小学生未満のお子さまは親と一緒の場合は無料です。※幼稚園などの団体の場合有料

座席 30席
ジャンル その他
URL http://naguri-canoe.co.jp
備考 風が強い日は中止になる場合があります。濡れることが気になる方はポンチョなどお持ちください。




メッツァビレッジ基本情報 駐車場

メッツァビレッジの駐車場は、事前予約制です。

事前予約と当日予約があります。

また、当日駐車場が空いている場合のみ、10分単位や30分単位での時間貸しで注射することができます。

前売り予約の駐車料金

平日 1,500円
休日 2,500円

当日予約の駐車料金 (当日、WEB予約の空きがある場合のみご予約可能)

<月~金(平日)>

予約時間 駐車料金
0:00~12:59までに予約 1,500
13:00 ~ 16:59までに予約 1,000円
17:00以降に予約  500円

<土・日・祝>

予約時間 駐車料金
0:00~12:59までに予約 2,500
13:00 ~ 16:59までに予約  1,500円
17:00以降に予約  500円

詳しくは、こちら。

メッツァビレッジ駐車場の詳細をチェック!




メッツァビレッジ基本情報 アクセス方法

メッツァビレッジは、都心から電車で40分です。また最寄り駅の飯能駅や東飯能駅からは、メッツァビレッジ直行バスが出てきます。

車利用の場合

車でメッツァに行く場合、ナビには「〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢27-1」と入れましょう。

各方面からのアクセス方法は以下のとおりです。

<車でのアクセス方法>

■狭山日高インターチェンジから県道262号線経由5.4km(約12分)

■青梅インターチェンジから県道218号線経由約11km (約30分)

■飯能駅北口から宮沢湖入り口まで約3km(約10分)

出典:メッツァ公式サイト

電車利用の場合

電車でメッツァに行く場合、「飯能駅」もしくは「東飯能駅」で下車します。

池袋駅

<池袋駅→ → 飯能駅>

■池袋駅から電車で約50分 乗換:0回

池袋駅で西武池袋線(約50分)に乗り、飯能駅で下車

※特急レッドアロー号を利用すると約40分)

●東京駅

<東京駅 → 池袋駅 → 飯能駅>

■東京駅から電車で70分 乗換:1回

①東京駅から「東京メトロ丸の内線」(約15分)に乗る → 池袋駅下車

②池袋駅から「西武池袋線」(約50分)に乗る→飯能駅下車

※池袋駅から、特急レッドアロー号を利用すると約40分

八王子駅

<八王子駅 → 東飯能駅>

■八王子駅から電車で35分 乗換:0回

①八王子駅から「JR八高線」(約35分)に乗り、東飯能駅で下車

川越駅

<川越駅 → 東飯能駅>

■川越駅から電車で25分 乗換:0回

①川越駅から「JR八高線」(約25分)に乗り、東飯能駅で下車

横浜駅

<横浜駅 → 東飯能駅>

■横浜駅から電車で90分 乗換:0回

①横浜駅から「東急東横線・東京メトロ副都心線・西武有楽町線・西武池袋線(約90分)」に乗り、東飯能駅で下車

バス利用の場合

●飯能駅

「飯能駅北口」から、宮沢湖方面のバスを利用。

直通バスが運行予定。

東飯能駅

「中央通り(飯能市)」から宮沢湖方面のバスを利用。

週末だけ直通バス運行予定。

アクセス方法の詳細はこちら

⇒メッツァビレッジのアクセス方法の詳細をチェック!




メッツァビレッジ基本情報 宿泊施設

メッツァビレッジ計画当初は、宿泊施設を建設予定でしたが、途中で中止になりました。

ですので宿泊する場合は、近くのホテルや旅館、東京での宿泊になります。

近隣のホテルや旅館についての記事はこちら

近隣のホテルや旅館をチェック!

早くから話題沸騰で遠方から来る人も多く、現在のところ特に冬休み、春休み、夏休みといった大型休暇は多くの人が訪れると思いますので、遠方から来る人はアクセスなどしっかりと事前に計画しておいてくださいね。

また、せっかく来たのに泊まるところを予約してなかった・・なんてことにならないように、ホテルも早めの予約をしておきましょうね!

⇒ 埼玉県飯能市 おすすめホテル・旅館

メッツァビレッジ基本情報 飯能市ふるさと納税制度「ムーミン基金」

飯能市 ふるさと納税 ムーミンテーマパーク メッツァビレッジ オープン日決定 アクセス 場所 施設内容

出典:ムーミンバレーパークHP

ムーミンランド「メッツァ」がある飯能市では、ムーミンバレーパークのオープンに向けて、周辺のインフラ整備や観光事業などに活用することを目的とした「ムーミン基金」に寄付してくれた方に、ムーミン関連グッズを返礼品として贈呈!

ココでしか手に入らないオリジナルグッズや、バッグブランド「キタムラ」とのコラボかばんなど、ムーミンファンにはたまらないアイテムがいっぱいです。

続々と新しい飯能市オリジナルのムーミングッズが返礼品として増えているので、ぜひ覗いてみてくださいね。

ちなみに飯能市のふるさと納税の返礼品第1位は、ムーミン&アネロコラボのオリジナルリュックです。

飯能市のふるさと納税の詳細記事はこちら

飯能市ふるさと納税をチェック!




メッツァビレッジ基本情報まとめ 営業時間・駐車場・施設・テナントまとめ

メッツァビレッジの基本情報をご紹介しました。

埼玉県の新しいスポットとして今大注目のメッツァビレッジ。

ぜひ行ってみてくださいね。

メッツァビレッジに潜入レポート!ムーミン谷は想像以上にすごい!

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ

シェアしてね♪

フォローする